数字4

池袋店のまほさん
インタビュー

池袋店先輩女性インタビュー

名前:まほ

年齢:38歳

前職:ギャラリーカフェ勤務

業界経験:ヘルス

池袋店 まほさん
質問1:辞めた理由
池袋店 まほさん

まほさん:

顧客管理がキチンと出来ていなかったことが主な理由です。
業界未経験だったこともあり、一般常識的なビジネス感覚とはかけ離れていると感じても、この業界の慣習では、そういうことなのかも、と我慢していました。
御客様に対するサービスの充実面と働く女性側の安全面、共に問題があると感じていたのですが、私の身に実際アクシデントが起こった際、自分の経験や対応力の問題なのか?と一晩考えた結果、自分が経営者側なら改善に努めるであろう具体案が浮かび、或る要求をしたのですが、おざなりな対応だった為、失望させられました。
その上、次の機会にも、約束した筈の対応をせずスルーされ(私が気付いて事無きを得たのですが)、仰天しました。
私が段々と他の女性達とも仲良くなり、漏らされる実情をヒアリングしていると、私よりも酷い目に遭っている女性も一人ではなく、建前論で綺麗事を言う店長と、入店研修で本番行為に及んだ統括とのギャップにも悩み、店の在り方自体に対する不信感が募ってしまいました。
顧客の絶対数も伸び悩んでいる様子で、新人が入店すれば既存の顧客は喜ぶが、女性側は客を奪い合うことになってしまう。
店長は、日々の雑事に忙殺されている為か、それを打開して、店を大きくしようという気概は感じられませんでした。
店側に教育したり評価したりする力が無い為、目新しさだけが価値であり、実質、女性は「使い捨て」ということになります。
私個人的には、風俗業界で仕事をすることのメリットもデメリットも、よくよく考えた上での選択ですから、許容できる/できないことは、自分の中では、はっきりしています。
私にとっては、金銭的な問題を解決する為の一手段ですから…志や夢を持って風俗業界を目指す方々に対しては失礼に当たるかもしれませんが、誤解を恐れずに本音を言わせて戴くと、私が提供する時間とサービスに対して、パンティを脱がなくても稼ぎ出せる程度以下の報酬しか約束されないのなら、女性として"一線を越える"理由は何処にあるのか?という根本的な疑問がありました。
そのお店を愛して下さっている御客様もいらっしゃいましたし、私が、せめて女性達の働く環境を良くしようと、小さな改善要求をし、店側に働きかける度に、「遊びじゃないんで云々」というのが、統括や店長の口癖でしたが、そのセリフ、そっくりそのままお返ししたかった…。
女性達は、どんなに楽しげに振る舞っていても、腹を括って仕事をしに来ています。
しかも、冒険をしに来ているのではないのです。
仕事以上の何かを期待してはおりませんが、仕事以下なことにはしてくれるな、というのが、店側に対する当然の要求でした。…遊びではないので。

質問2:HP探しで気にしたこと
池袋店 まほさん

まほさん:

一利用者(男性)側として色々なキーワードでネット検索をした際に、お店のサイトが検索上位に来るかどうかは、勿論、気になりました。
文言に誤字脱字が有ったりするのは論外ですし、本番行為不可と謳いながら、御客様の性的興味を過剰に煽る表現が目立つお店は、信用ならない気がします。
求人内容に、非常識な程の好条件(?)が提示されていたり、問合せに対して、メールでは答えられないので、詳細は面接で、という対応のお店も、話を聞くだけ無駄な様な気がして、結局、伺いませんでした。

質問3:最終的に選んだ理由
池袋店 まほさん

まほさん:

元々、業界に詳しい知人からの口コミで、求人サイト等を通さず直接アプライしたので、第一志望でした。
面接をして下さった店長が、長時間お話を聴いて下さり、私のプライベートな事情に、最大限の配慮をして下さったことも有難いと感じました。
私自身が、お店側の要求する条件を満たすにギリギリなところもあり、御返答を戴くまで一日待ったのですが、採用の御電話を戴き、とても嬉しかったです。

質問4:これから働く女性へのメッセージ
池袋店 まほさん

まほさん:

私は、風俗業界に入る前、男性経験が多かった訳ではありませんでした。
それまでの人生では、性的な魅力によって事が有利に働く、ということは少なく、寧ろ、面倒なことになる場合もあって(笑)、自分の女性的な部分は封印して暮らしてきた様な気がします。
現在では、日々、より魅力的な女性になりたい、と思う様になりました。
人肌と触れ合うことで、自分自身も癒やされますし、女性性が高まる感覚もあります。
男性が私のサービスによって感じている様子を見て、悦びを感じたりもしています。
私は、前職をすっかり辞めてしまった訳ではなく兼業なのですが、本業では頼れる会社組織等に属している訳ではないので、「ノーハンド」というホームが出来たことには、とても励まされています。
仕事上、困難にぶつかることもあり、独りでは心が折れそうになることもありますが、外見だけでなく人間的にも魅力的な女性達が仲間ですから、頑張り続けることが出来ます。
今はまだ、必要な金額を達成していませんので、もう暫く頑張らねばなりませんが、欲が出てきたので、今後、精神的に余裕が出来ましたら、資格取得の応援制度も利用して、キャリア形成やより良いサービスを提供出来る自分になりたいと考えています。

お金の体験談、高収入だから実現できたプチ贅沢、先輩女性の本音にインタビュー

質問5:貧乏体験談は?
池袋店 まほさん

まほさん:

私は、地方出身者で、東京で独り暮らしを続けるのに、生活費が足りなくなったことがありました。
ライフラインに関わる料金を支払えないと、電気→ガス→水道の順番に止まる、ということは知ってます(笑)。
流石に、実際に水栓まで締められたことは無いのですが、次々と届けられる督促状の内容が、どんどん脅迫的になってきますので、本当に憂鬱でした。
外食も勿体無いので、極力自炊して、近所のパン屋さんで分けて貰う1袋100円のパンの耳(沢山入っているので冷凍保存して、揚げて砂糖をまぶしたりして食べます)、豆腐、卵、もやし、キャベツ、バナナといったラインナップで、或る意味とてもヘルシーな食生活を送っていました!

質問5:年収は?
池袋店 まほさん

まほさん:

友人:コールセンター勤務 270万、ボーナス無し
私:兼業分も含めて1,200万

質問5:贅沢体験談は?
池袋店 まほさん

まほさん:

ラスベガスで、沢山のショーを鑑賞三昧の旅をしました!
予め、休演日などをチェックして、どうしても外せない演目のチケットを手配、アフタヌーンショー、夜のショーを観た後、レイトショー、と、ジェットラグを物ともせず、綺麗で素敵でドキドキするものを沢山観て、心の栄養を沢山付けちゃいました!
シルク・ドゥ・ソレイユの演目も3本観ましたね。
実は、ラスベガスではカジノで収益が上がるため、かなりゴージャスなホテルの宿泊料も、一流のスターが出演するショーのチケット代も、超~高額!という訳ではないのです。
カジノで浪費さえしなければ(笑)、かなりコスパの良い贅沢な旅が楽しめるので、ラスベガス、お薦めですよ♪

質問5:贅沢体験談は?
池袋店 まほさん

まほさん:

そうですね...私、ブランド物や高価な御品には興味が無いので、適当なものが思い付かないのですが...。
生活必需品じゃないのに買っちゃった、という意味で、大してお高くないのですが、贅沢品かもしれないものを御紹介しますね。
DULTONの「Santa Fe」という、ガラス製のビバレッジサーバーです。
氷水にフルーツなどを浮かべて、ホテルのロビーなんかに置いてあるヤツ。
ホームパーティで、私がお喋りに夢中で、ゲストに飲み物のサーブが行き届かなくても、セルフサービスで喉の渇きを満たして戴けますし。プチ贅沢な雰囲気が味わえて、良いですよね!

質問5:贅沢体験談は?
池袋店 まほさん

まほさん:

本業の方で、投資したい金額があるので、貯金額としては、少ないですが270万円。
目標年数は、兼業分もトータルで、1,560万円です。

池袋店
その他の女性先輩はこちら

その他のお店はこちら

  • 代表メッセージバナー
  • 出稼ぎバナー
  • 人妻急募バナー
  • 人妻のアナタ 動くなら今です!バナー
  • ノーハンドで楽しませる人妻 営業サイトバナー
  • LINEバナー
系列グループ求人
  • 回春性感マッサージ倶楽部
  • 痴女性感フェチ倶楽部
24時間対応の求人専用番号です

品川店03-6408-7003

池袋店03-5957-2482

上野店03-5846-2202

名古屋店052-589-3907

横浜店045-227-8883

福岡店092-717-4352

閉じる

閉じる